カウンセリング

有意義な夏休みの過ごし方、前向きな新学期の迎えかた

こんにちは!

茨城ライフキャリア研究会です。
「すべての人が、自身に誇りを持てる人生を!」
ライフ+ キャリアの支援を行っています。カウンセリングやセミナーを通して、人々が幸せになるためにライフ(生活、心の健康)+ キャリア(生き方、仕事や活動)の支援を行なっています。

今回の記事は、見田がお送りします。


青い空、白い雲、輝く太陽・・・やってきました夏休み!!
夏休みが始まったばかりの頃のあのワクワク感、最高ですよね。

「今年はどんな夏休みにしようかなぁ~」なんて、あれこれ楽しいことを想像してしまいます。

しかし、お休みも終盤にもなってくると
「あ~また毎日学校か・・・、一年中夏休みだったらいいのに」
と気が重なることもありますよね。

学校生活の中では、ストレスを抱えることもあります。
例えば、毎日の授業・クラスメートとの関係性・相性の合わない先生など、挙げたらきりがないくらいです。

またそんな日常が戻ってくるのかと思うと憂鬱な気分になるのも無理はありません。

そこで今回は、「有意義な夏休みの過ごし方」と「前向きな新学期の迎えかた」をご紹介しましょう。

有意義な夏休みの過ごし方

有意義に夏休みを過ごすヒントを2つ挙げます

とにかく夏を存分に楽しむ

コロナ禍でお出かけもしにくい夏休みです。
でもせっかくの夏休みです。
それならばお家で夏を満喫しましょう。

  • 波のBGMで宿題
  • 夏の夜空を見る
  • 庭先で花火
  • メダカを飼う

など非日常を生活に取り入れる工夫をしてみましょう。

「夏が終わるのは寂しいな、でもいい夏だったな」という満足感が次の気持ちの切り替えになります。

普段できない挑戦をする

普段できないことに挑戦するのもいいでしょう。
特別大それたことでなくてもいいんです。

例えば
《イメチェン》
髪型を変えるとか、洋服のテイストを変えてみるとか、今までとは違った表現を試してみることも前向きになることにつながります。

《やってみたかったことをしてみる》
自転車で隣町の図書館までいってみる、1000ピースのパズルを完成させる、などやってみたいと思っていたことを実現しましょう。

「やらされている」のではなくて「自らやりたいことをする」という行動が自信につながります。

心の中には何かしらやってみたいことがあるはずです。まずは自分で実現できそうなことから挑戦してみましょう。

前向きな新学期の迎えかた

前向きな気持ちで新学期を迎えるためのんヒント。
こちらも2つ挙げてみます。

学校が楽しくなりそうなことを考える

ちょっと憂鬱な気分の時は、学校に行きたくなるような気分を作りましょう。

例えば、

  • お気に入りのペンを見つけて勉強のモチベーションを挙げる
  • 友人と連絡を取って学校生活の気分に戻していく
  • 勉強の予習をして授業や試験のストレスを緩和する

などがあります。

「まだ夏休み」ではなくて、早めに9月の目標設定をすると新学期のストレスも軽減されます。

夏休みでも朝起きる時間を変えない

昼夜逆転の生活になると、それを戻すのに大きなストレスがかかります。

休み中でも朝起きる時間は普段と同じ時間に起きることをお勧めします。

たまには夜更かしして夜時間を楽しむこともいいですが、朝はちゃんと普段通り起きましょうね!

まとめ

いかがでしたか?

完璧に自己管理することは難しいかもしれません。

でも、自分で出来る少しの工夫によって、充実した夏休みと前向きな新学期への移行も夢ではありませんよ。

何かヒントになることがあれば、ご自身でアレンジしてお試しください。

どうぞ素敵な夏休みを!


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

>>>サポートメニューはこちら

>>>ご予約はこちら

↑見田洋子の個人HPはこちらから!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。