カウンセリング

疲れを感じた時に自分を癒すもの、心がけていること~Part3~

こんにちは!

茨城ライフキャリア研究会です。
「すべての人が、自身に誇りを持てる人生を!」
ライフ+ キャリアの支援を行っています。カウンセリングやセミナーを通して、人々が幸せになるためにライフ(生活、心の健康)+ キャリア(生き方、仕事や活動)の支援を行なっています。

3週に渡り、カウンセラーが疲れを感じた時に自分を癒すもの・心がけていることをテーマに記事を書いていきます。
ぜひ皆さんの参考になれば幸いです。

今回の記事は、見田がお送りします。


こんにちは。キャリアカウンセラーの見田洋子です。

さわやかな5月の風、本当に気持ちがいいですね!

心も体もポジティブになれそうなこの季節、なんと私は帯状疱疹になりました。
さわやかな風も患部に触れるだけで痛い痛い・・・。

皆さんも日々の暮らしの中で、時には多少無理する場面があったり、精神的にまいってしまう時もあるかと思います。

体と心は繋がっています。

体が疲れている時は、気持ちもモヤっとしがちですし、気持ちが疲れている時は体もスッキリしないことが多いのではないでしょうか?

私の場合、疲れた時は一人時間で体と心のバランスをとります。

疲れている時は、心と体のバランスが傾いています。
その傾きを真っ直ぐに戻していくのです。

そしてこのバランスの取り方に、五感が深く関係していることに気づきました。

今日は、私が無意識でしている、「五感を使って自分を喜ばせる方法」をご紹介しましょう。

五感を使って自分を喜ばせる方法

まず五感について簡単に説明すると、

五感とは人の感覚機能のことで、いわゆる「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」という5つの感覚ですね。

ひとつひとつ、どんなことが無意識に自分を喜ばせてくれているのかご紹介していきます。

見る(視覚)

自然の力に溢れたものをみます。
花・野菜やハーブの葉っぱの形、天然石とかいいですね。

プラネタリウムの動画も大好きです。
星雲の写真を見ると、宇宙の中の小さな自分を感じます。

また、読書も気分転換になります。
お気に入りの雑誌を読むのもいいでしょう。
(個人的なおすすめ雑誌→&premium)

聞く(聴覚)

風の音・鳥の声・波の音などの自然音は癒されますね!
ありがたいことに自然が多いところに住んでいるので自然音を十分楽しむことができます。

心がけていることとして聞かないものもあります。
それは、疲れている時はニュースなどの情報番組は聞かないことです。
テレビがかかっていても、イヤホンをして好きな音楽などを聴くようにしています。

触れる(触覚)

一緒に暮らしている猫をモフモフ撫でます。お家でアニマルセラピーです。

これはしつこくしすぎると返り討ちにあうので注意です。(ニャーっ、ガリ!)

味わう(味覚)

疲れた体を回復させてくれる食材を積極的に取り入れます。

オートミール、良質なたんぱく質、それからネバネバしたものなどが私には合うみたいです。

香り(嗅覚)

ケーキが焼くと、お家が甘い匂いでいっぱいなります。
コーヒー豆を挽いている時、コーヒー香りが溢れてきます。

これらは、出来上がる過程で感じられる香りの癒しです。

それから自家製ハーブティーが出来た時は、やさしい香りで気分が上がりますね。

まとめ

「感じること」は、無意識にその瞬間が過ぎ去ってしまうことが多いです。
だからこそ、感覚に注目して自分なりの癒しを探すことが大切だと思います。

癒しは日常のいろいろなところに隠れていますよ。

五感をに注目して瞬間的にさまざまな感覚を喜ばせることによって、渋滞していた思考回路を一旦ストップさせることでできます。

また五感を使って自分を喜ばせることは、幸福感を感じることにもつながります。

疲れている時は、先のことを考えて神経をすり減らすのではなく、今ここの感覚を楽しむ ことを大事に過ごしてみてください。

見田


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

>>>サポートメニューはこちら

>>>ご予約はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。