マナー

表情をつくる

こんにちは!

茨城ライフキャリア研究会です。
「すべての人が、自身に誇りを持てる人生を!」
ライフ+ キャリアの支援を行っています。カウンセリングやセミナーを通して、人々が幸せになるためにライフ(生活、心の健康)+ キャリア(生き方、仕事や活動)の支援を行なっています。

今回の記事は、菊池がお送りします。


他人が自身を判断するとき、見えるもので判断しますよね。
ですから、第1印象がとても大事なります。
第1印象は、見かけから入りますが、見かけの中の一つが表情です。

つまり、顔つき次第で相手の受け取りが異なるのです。

仕事をする上でも大事な表情

表情は、仕事上でも大切な表れです。

組織で、チームで働いているとき、表情が暗い方に話しかけにくいことはありませんか?

チームワークを必要とする仕事であれば、話しかけやすい雰囲気をつくることは大切です。

ぜひ、自分がどんな表情でいればいいかということを考えてみましょう。

具体的な良い表情

まず、口元を鏡で見てください。
ダラーんと放置されていませんか?

表情筋に動いてもらい、口角が上がるように意識してみましょう。

しかし、今はずっとマスクをしていますね。

口元は隠れてしまいますが、目元はどうでしょう。
目が硬さを感じる表情になっていませんか?

目には、優しさを1つ加えるような気持ちでいましょう。

表情は周りの人に影響を与える

口角を上げて、優しい目をつくる。
こんな表情は、仕事だけではなく家族にとってもいい影響がありますよ。
子供さんや配偶者の方からも話しかけやすくなり、ギスギスした雰囲気は消えていくと思います。

私の孫娘は、生後1ヶ月と少しですが、少し笑うようになりました。
育児のサポートしていますが、その表情を見て育児が大変でもそのちょっとした笑顔に救われています。

これは、みなさんの笑顔が周りの人の救いになる可能性があるということです。

これは、みなさんの笑顔が周りの人の救いになる可能性があるということです。

ではみさなん、今日一日表情を明るく意識して過ごしてみてください。

みなさんの表情が、周りに影響を与えますよ。

菊池


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

>>>サポートメニューはこちら

>>>ご予約はこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。