カウンセリング

メンタルが強い人ってどんな人?

こんにちは!茨城ライフキャリア研究会・見田です。

毎日心穏やかに過ごしたいと思っていても、仕事のプレッシャーがあったり、トラブルが発生したりと、気持ちのコントロールが難しくなる時ありませんか?

そんな時、逆境をもろともせず前向きに行動している人を見ると、

「なんて気持ちの強い人なんだろう」

「私もあんな風になれたらいいのに・・・」

と思う時もありますよね。

そこで今回は、メンタルが強い人の特徴からメンタルコントロールのヒントをお伝えします。

メンタルが強い人の特徴

メンタルが強い人の特徴を3つ挙げてみますね。

  • 他人と自分の境界線が引ける
  • 過去検索をしない
  • 切り替えが上手い

それでは、ひとつひとつ解説します。

他人と自分の境界線が引ける

思考は数値で表すことはできませんが、ポジティブ思考な人と、ネガティブ思考な人がいるのは事実です。

人には、その人なりの思考のクセというものを持っています。

中でも、ネガティブ思考の傾向が強い人は、時に他人の感情に自分が巻き込まれてしまって、不快な気持ちになったり疲れてしまうことがあります。

メンタルの強い人は、他人と自分の境界線を引くのが上手い人です。

相手の感情は相手のものですので、自分が引き受けなくてもいいのです。

自分と相手との間に境界線を引くことで冷静なメンタルを保つことができます。

そうすることで、その人のためにどう行動したらいいのかが見え来るはずです。

過去検索をしない

メンタルが強い人は前向きに物事を考え行動しています。

では、どうしたら前向きになれるのでしょう。

「前向きになろう、前向きになろう、」

と心の中で唱えるだけでは、なんとなく無理がありますよね。

こんな時は、「後ろを見るのをやめよう」を実行したほうが効果的です。

いわゆる『過去検索』をやめるのです。

私たちは、無意識に過去のことを思い出しては、

「あ~、どうしてあんな態度をとってしまったんだろう」

「あの時、あの人が言ったことは、こんな意味だったのかな・・」

などなど、きりがないくらい、変わらない過去の出来事や、過去の解釈を思い出していたりします。

私は、特に明け方起床前のうつらうつらしているあの時間に無意識の過去検索をすることが多くありました。

しかし、無意識の過去検索はたいていいい気分にはなりません。

過去検索をしていることに気づいてからは、過去検索はやめることにしました。

とはいっても、時どき前のことを思い出したりすることもありますが、楽しい過去のこと以外は、

「あっ、またやってる、や~めた」と言って、終わりにします。

そうすることで、この状況を打破するためにはどうしたらいいのか・今何をすべきかといった前向きなメンタルになることができます。

切り替えが上手い

メンタルが強い人は、気持ちの切り替えが上手です。

①自分を回復させる方法を知っている

メンタルが強い人は、ネガティブを跳ね返す心を持っている人ばかりではなくて、弱い自分をコントロールすることが上手い人とも言えます。

弱っている自分を補ってあげることができる人なんですね。

たとえば、

  • 人と話す
  • 話を聴いてもらう
  • 一人時間で充電する
  • 本を読む
  • 体を動かす
  • たっぷり寝る
  • 思いっきり泣く
  • 思いっきり笑える動画などを見る
  • 好きなことをする

など、回復方法は一つだけでなく、いくつか組み合わせて試してみると効果が出やすいです。

茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。
さまざまなお悩みを、対話を通してご本人と一緒に解決の方向に進んでいきます。
▶︎カウンセリングの詳細はこちら

②出来事に対して、複数の捉え方ができる

たとえば、担当していた仕事をミスしてしまったとします。

この時、

「なんで、いつも自分は失敗ばかりするのだろう。こんな出来の悪いやつはこの会社でやっていくことはできないな」と思うか、

小さいミスで済んでよかった。次からはきちんと確認しよう

上司に確認にしてもらったからミスが防げた。ありがたい。もっと成長できるように頑張ろう

と思うかでは、今後の成長にも差がでますし、メンタルの負担にも影響します。

一つの捉え方にこだわらず、見方を変えてみることでメンタルを強くすることができます。

まとめ

いかがでしたか?

メンタルが強そうに見える人も、実は弱いメンタルを克服してきたり、

上手くコントロールしているから、強くなっているのだと思います。

4月は環境が変わったり、新しい挑戦をする人もいらっしゃると思います。

長いキャリアの中では、数々の経験が自然とメンタルを強くしていくことにもつながります。

日々の生活の中でご自身のヒントになるものがあればお試しいただき、しなやかなメンタルでお過ごしいただければと思います。


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

▼サポートメニューはこちらから▼

▼カウンセリングご予約はこちらから▼

茨城ライフキャリア研究会(ILC)の各種SNSはこちら>>>SNS一覧

記事を担当したカウンセラー・ 見田洋子の個人HPはこちら>>>n-style

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 就活が辛いと感じた時に試してほしい4つの方法

  2. 休み気分は抜けましたか?連休明けにやる気を出す方法

  3. 日本とアメリカのカウンセリングってどうちがうの?

▼公式LINE友だち登録▼

LINEからでもお気軽にご予約・お問い合わせが可能です!

また、月に1〜2回気づきになるようなメッセージを配信中♪

友だち追加

▼カウンセリングのご予約▼

▼ご依頼・お問い合わせ▼