カウンセリング

ちょっとだけ憂鬱な朝に自分を元気にさせる方法〜Part2〜

こんにちは!

茨城ライフキャリア研究会です。
「すべての人が、自身に誇りを持てる人生を!」
ライフ+ キャリアの支援を行っています。カウンセリングやセミナーを通して、人々が幸せになるためにライフ(生活、心の健康)+ キャリア(生き方、仕事や活動)の支援を行なっています。

みなさんは、朝が少しだけ憂鬱になるときはありますか?
朝の憂鬱気分を吹き飛ばす方法を持っていれば、自分を元気にすることができますよね。
今週から3週に渡り、「ちょっとだけ憂鬱な朝に自分を元気にさせる方法」をテーマに茨城ライフキャリア研究会のカウンセラーに記事を書いていただきました!

今回の記事は、佐藤がお送りします。


ちょっとだけ憂鬱な朝に自分を元気にさせる簡単な方法

少しだけ憂鬱になることは誰にでもあることです。
その少しの憂鬱が学校や会社に行くことを面倒くさいなどと思わせたりしますよね。

朝に気分を上げるような方法があれば、マイナスな気分を吹き飛ばせるかもしれません。

誰でもできるような簡単な方法が2つあるので、ぜひお試しください。

1.空を見上げて朝日を浴びる

気分が落ち込んでいるとき、気が付くと下を向いていることがあります。
考えることもネガティブになりがちです。

感情と行動と思考は密接に結びついているのです。

憂鬱な気分の朝、私は上を向いて空を見るという行動をとります。
上を向くと視野が一気に広がり、ポジティブな考え方に変化します。
また晴れた日は、朝日を浴びることで気分が穏やかになります。

実際、日光を浴びると安心ホルモンといわれるセロトニンの分泌量も増え、リラックスでき、満ち足りた気分になると言われています。

2.作り笑いをする

曇った日や雨の日は朝日を浴びることはできません。

そんな時は、笑顔を作るようにしています。
要は作り笑いなのですが、自然と感情もポジティブになります。

心理学実験でも、人は「楽しいな」「幸せだな」と思うから笑うのではなく、「笑う」から楽しくなったり幸せになるという事が分かっています。

まとめ

いかがでしたか?
とても簡単な方法のみをご紹介しました。

この2つの方法なら簡単に自分を元気にさせることができると思います。

どちらか一つだけでもいいですが、晴れた日には、起きたら朝日を浴びて笑顔を作る。
ぜひこの流れを習慣にしていい1日を過ごすきっかけにしましょう。


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

>>>サポートメニューはこちら

>>>ご予約はこちら

↑佐藤晃の個人HPはこちら!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。