カウンセリング

疲れを感じた時に心がけていること

こんにちは!

茨城ライフキャリア研究会です。
「すべての人が、自身に誇りを持てる人生を!」
ライフ+ キャリアの支援を行っています。カウンセリングやセミナーを通して、人々が幸せになるためにライフ(生活、心の健康)+ キャリア(生き方、仕事や活動)の支援を行なっています。

今回から3週に渡り、カウンセラーが疲れを感じた時に自分を癒すもの・心がけていることをテーマに記事を書いていきます。
ぜひ皆さんの参考になれば幸いです。

今回の記事は、佐藤がお送りします。


皆さんこんにちは。
キャリアコンサルタントの佐藤 晃です。

新型コロナの影響で、休日の外出を控えるようになりました。
家にいる時間が増えると、自然と体を動かすことが減ってしまいますよね。
運動不足は心にも疲れを感じることがあり、体と心はつながっているんだなと実感しています。
疲れを残したままにしているのは良くありません。
私は、心に疲れを感じた時にはストレス発散を心掛けています。

疲れを感じたときはサイクリングでストレス発散

心が疲れを感じているときはストレスが原因なことが多々あります。
そのため、ストレスを発散させるために私はサイクリングを楽しんでいます。

ストレスの解消についてはこちらの記事で「3のR」をご紹介しているのでぜひご覧ください。

>>>ストレスを解消してメンタルを守る「3つのR」

3のRは「リクリエーション・レスト・リラックス」の3つからなります。
中でも私はリクリエーションを心がけているということになりますね。

私がサイクリングでストレス発散ができる2つの理由

サイクリングでストレス発散ができる理由。
それは、爽快感達成感です。

風を切りながら走ったことは、今でも思い出すだけで爽快感を感じられるくらい気持ちの良いものです。
また、景色や潮の香り、鳥のさえずりを楽しみながら走るので、飽きること無く集中してペダルをこぎ続けることができます。

しばらく走っていると、いつの間にか頭の中が空っぽになっています。

爽快感を受けながら走ることは、余計な考え事をしなくなることが頭のリセットにもなります。

そして、目的地に着いたときの達成感がストレスの原因を吹き飛ばしてくれます。

達成感は、「やってよかった!」と思える充実感と「またいろいろやってみよう!」と思えるやる気。
この2つのプラスの気持ちを持つことができます。

サイクリングで得られる達成感は前向きな気持ちを与えてくれるのです。

サイクリングが終わった時には心が晴れ晴れとしています。

まとめ

ひと月に50件の相談に対応することもありますが、そんな時こそカウンセラー自身のメンタルが良い状態に保たれていることが大切だと思っています。

私はサイクリングを通してストレスを発散させてくれる爽快感と達成感を味わっています。

それは、サイクリングだけではなく様々な日常で感じられるものだと思います。

ぜひみなさんも、ストレス解消の3Rを考え、生活の中で取り入れられることをやってみましょう。

佐藤


茨城ライフキャリア研究会では、お話を聴く専門家があなたのお話をお聴きします。

「なんか不安がある」
「人間関係で悩みがある」
「とにかく誰かに話を聞いてもらいたい」

そんな思いがありましたらぜひご相談ください。

キャリアコンサルタントの資格を持ったカウンセラーがあなたのお悩みを一緒に考え、解決に導きます。

>>>サポートメニューはこちら

>>>ご予約はこちら

↑佐藤 晃の個人HPはこちら!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。